発注業務にかかる時間は10分の1になった(東急ストア中目黒店)(撮影:尾形文繁)

【上場日(市場)】2018年12月25日(東証マザーズ)
 【設立】1987年10月2日
 【本社所在地】大阪府大阪市北区梅田
 【代表者(年齢)】南谷洋志社長(64)
 【事業内容】大手小売業向けにAI搭載型の需要予測・自動発注システム「sinops」を開発・販売する。卸売業や製造業向けにも展開
 【売上高】9億1400万円
 【営業利益】2億3100万円(18年12月期)
 【公開価格】3580円
 【直近株価】1万6210円(6月11日)

恵方巻きやクリスマスケーキなどの季節商品で、まだ食べられるのに捨てられる「食品ロス」が注目されている。小売店にとっても、需要を見誤って商品を大量廃棄するのは利益率の悪化に直結し、頭の痛い問題だ。

そんな小売業の切実な悩みを解決する企業がある。大阪市梅田に本社があるシノプスは、AI(人工知能)搭載型の需要予測・自動発注システム「sinops-R6」を、大手食品スーパーやドラッグストアに提供している。