まつもと・かずや●音声表現コンサルタント・ナレーター。1991年、NHKにアナウンサーとして入局。2016年から株式会社マツモトメソッド代表取締役。

前回、人を引きつける話し方をお笑い番組から学べることをお伝えしました。今回は漫才です。漫才の話術を応用すれば、プレゼンテーションやスピーチで聞き手を魅了することができます。それをお伝えしましょう。

漫才といえばボケとツッコミ。その関係を話し方に持ち込むやり方です。話す人がボケ役で、聞き手はツッコミ役です。まるで漫才のやり取りのように相手に話しかけながら、説明していくのです。

前置きはこの辺にして、具体例を示します。ボケとツッコミがいない、ず〜っとしゃべり続ける人のしゃべりはこんな感じです。