島根県松江市は同県の北東端に位置し、かつ鳥取県との境目にある人口約20.6万人の県庁所在地である。市域の東側にある中海と、西側にある宍道(しんじ)湖という2つの汽水湖をつなぐ大橋川によって、南北に分断されている。全国でも珍しい形状の市である。

大橋川の北を「橋北」、南を「橋南」と呼び、両地域は西から順に「宍道湖大橋」「松江大橋」「松江新大橋」「くにびき大橋」の4つの橋で結ばれている。松江が「水の都」と称されるゆえんである。

街には大橋川だけでなく剣先川、朝酌川、京橋川なども流れる。橋北エリアを流れる京橋川は松江城につながる。松江城は1600年の関ヶ原の合戦で功績を挙げた戦国武将の堀尾吉晴と、その子の忠氏が築城し、1611年に竣工した。天守閣は国宝に指定され、城の濠(ほり)を船で巡る「堀川めぐり」は、松江観光の代名詞である。

松江観光の代名詞「堀川めぐり」。壕に沿って情緒ある街並みが続く