初便就航日に出発準備が整い、スタッフたちに見送られるANAのA380。7月からは2機体制になる(©Aviation Wire)

5月24日金曜夜、機体一面にウミガメの絵が描かれた巨大な旅客機が、500人以上もの乗客を乗せて成田国際空港を飛び立った。ANAホールディングス(HD)傘下の全日本空輸(ANA)がこの日、成田─ハワイ・ホノルル路線に導入した「A380」型機だ。欧エアバス製の世界最大の総2階建て旅客機で、日本の航空会社では初の就航となった。

「A380の反響は非常に大きく、多くの方々から『早く乗りたい』という声を頂戴している。この機材で新たな体験をしてもらい、ANAのファンを増やしたい」。ANAの平子裕志社長は成田空港での就航式典後、集まった報道陣を前に笑顔で話した。

A380初便就航日は搭乗口で式典が開かれ、フラダンスなどが披露された(©Aviation Wire)

ANAが運航する日本発のハワイ路線は週21便(成田発14便、羽田発7便)。これまでの使用機材は米ボーイングの「787-9」型機(246席)だったが、成田発の週3便をA380に変更した。同機を計3機導入し、すべて成田─ホノルル間で使用する。7月以降は2機体制で運航を週10便に拡大。2020年度中には3号機も加わる。

ピークだった1990年代より減ったとはいえ、ハワイを訪れる日本人観光客は年間160万人近い。国内外の複数の航空会社が路線を就航しているが、中でも圧倒的な存在感を誇るのが日本航空(JAL)だ。

「ハワイはJAL」覆す

JALは65年も前にハワイ路線を開設し、現在は成田や関西国際空港、中部国際空港からホノルルへ週42便運航。ハワイ島直行便も飛ばし、日本─ハワイ路線の提供座席数で3割のシェアを握る。コードシェア(共同運航)を実施して提携関係にある米ハワイアン航空との合計では全座席の半分超を占める。