残高確認と家計の見直しは欠かさないように

会社員なら役職定年などを機に給与が下がるが、一方で子どもの教育費はピークを迎える。50代は最もお金が貯めにくい時期だ。収支の厳しい50代がお金を貯めるための5つのステップを紹介したい。

まず、収支に影響が大きい子どもの進学や卒業、住宅ローンの返済など50歳代のライフイベントをノートや表計算ソフトに書き出す。お金がかかる時期、貯められる時期を確認するためだ。表計算ソフトなら、金額の入力もすれば、いくら貯まるかの試算もできる。

例えば54歳で長男、57歳で次男が大学を卒業する家庭なら、教育費が軽くなる54歳から貯め時が始まり、2人分の教育費がなくなる57歳からの3年間は絶好の貯め時だ。住宅ローンは定年以降も続くケースが多いが、繰り上げ返済で60歳前に完済できる人はここも貯め時となる。ただ子どもを授かるのが遅く、住宅ローンも続いていると、50代では貯め時がないとショックを受ける人がいるかもしれない。

自動積立定期預金で貯まる仕組みが整う

貯め時がある人もない人も、お金を貯めるステップは同じだ。貯め時がないと思った人は、より真剣に次のステップに進んでもらいたい。