イラスト:髙栁浩太郎

「老後資金は1億円必要」といわれる。生活水準は人それぞれであるし、何歳まで生きられるのかも人それぞれだが、1億円はある意味正しい金額だ。

とりあえず、大ざっぱな計算をしてみよう。60歳くらいからの老夫婦の生活費を毎月25万円だとすると、年間300万円である。60歳時点での女性の平均余命は29年であるから、医学が進歩することを考えて少し余裕を見て残り32年分の生活費を計算すると、9600万円になる。

これに万が一のときに備えた400万円を加えると、老後資金は1億円、ということになる。この400万円は、何事もなければ相続されて、葬儀費用等として使われるはずである。

ただ、50代のサラリーマンが手元に1億円を持っている必要はない。今の高齢者が50代のサラリーマンだったころ、1億円持っていた人は少なかったはずだが、困窮した老後生活を送っている高齢者も多くはないだろう。それを考えてみれば当然のことだ。

退職前に住宅ローンと金融資産残高を同じに