日本では政府が発表する統計への信頼が揺らいでいる。だが、統計を定期的に発表せず、発表してもその真偽がつねに疑われる国がある。北朝鮮だ。

GDP(国内総生産)や人口といった基本的な統計さえ、北朝鮮はなかなか発表しない。その理由を「米国と敵対関係にあるため、国の内実がわかる統計は発表できない」(北朝鮮の朝鮮社会科学院経済研究所の李基成(リギソン)教授)としている。だが、それでも思い出したかのように、重要な統計を発表することがある。

2018年10月、前出の李教授が共同通信のインタビューで、「16年のGDPは295億9500万ドル、17年は307億0400万ドル、人口はそれぞれ2515万9000人、2528万7000人」と明らかにした。この時期に突然発表した意図は不透明だが、これらから計算した1人当たりGDPは、16年は1176ドル、17年は1214ドルとなる。