今年5月末の、天安門事件の追悼と民主化を求める香港市民の抗議デモ(AFP/アフロ)

1989年6月4日の天安門事件は、30年が経過した今も大きなインパクトを持っている。中でも、その重みをひしひしと感じ取っているのが香港だろう。

89年5月の中国では、ソ連のゴルバチョフ書記長の訪中が最大のイベントになるはずだった。崩壊の瀬戸際にあるソ連に対し、中国共産党は自らの統制力を誇示するつもりでいた。ところが予想外の光景が待ち受けていた。民主化デモが爆発的な広がりを見せていたのだ。学生に刺激され、北京市民の多くがデモに参加した。そして自由を求める運動はほかの地域にも飛び火していく。

その結果、何が起こったかはご存じのとおりだ。共産党指導部内で立場が弱まるのを恐れた守旧派が戦車を動員。人民解放軍によって丸腰の一般市民が虐殺された。共産党は「中国4000年の歴史」を継承する存在だと豪語しているが、とんでもない。偉大なる中国文明と共産党がまるで別物であることは、ほかでもない天安門事件がはっきりと示している。