(EKAKI / PIXTA)

私は今年31歳になるライター。フリーランスで働きつつ、編集プロダクションに所属する会社員でもある。

20代の頃の私はお金に対する意識が限りなく低かったと思う。毎月支払えるギリギリまでカードでお買い物。遊びや化粧品、洋服に費やした。もちろん、貯金などするわけがない。しかし、もうすぐ30歳というタイミングで、私は現実を目の当たりにする。同学年の友人たちが次々とマイホームを買っていくではないか。

計画的に住宅資金を貯めてきた彼らと違い、今の私には頭金すら払うことができない。それどころかケガや病気をしたときの医療費ですら、払えるかどうか危うい。

社会人たるもの、多少の蓄えはあって当然なのだ。しかし私は元来貯金ができない性質で、あればあるだけ使ってしまう。いったいどうやって蓄えを作ればいいのか。

そこで閃いたのが資産運用だ。単に貯金するよりも運用したほうが楽しそうだ。「趣味は資産運用」と言えたら格好よさそう。そんな浅はかな理由から、私の資産運用生活はスタートした。

種銭も知識もゼロだったが、唯一知っている運用法があった。それが個人型確定拠出年金、いわゆる「iDeCo(イデコ)」だ。テレビや雑誌で盛んに紹介されているアレである。