(イラスト:ソリマチアキラ)

少し前になりますが、今年もマスターズに行ってきましたけど、まあ、タイガー・ウッズ一色の大会でしたね。観客、ここではパトロンと呼んでいますけど、その声援が大きく聞こえる方向でタイガーがどこにいるかがすぐわかるんですね。自然に足がそちらに向いてしまいます。

米国人は、イヤ、ここには世界中の人々が集まっているけれど、どこの国の人も「苦労人の成功」が大好きなんですね。どん底からはい上がり14年ぶり43歳にして、またマスターズで優勝なんて、映画のシナリオでもそんなうまい話は書けません。だからこそ、皆あんなに興奮して応援するんですね。タイガーが正しいと決していえない時期もありましたけど、ゴルフしかない男、これからもゴルフを通して社会に貢献していくと思いますね。根っからのプロゴルファーですね。