イラン最高指導者・ハメネイ師は、「戦争は求めていない」とツイッターに投稿した(KHAMENEI.IR/AFP/アフロ)

米国・イラン関係の緊張が続いている。トランプ米大統領は、5月12日、ホルムズ海峡でサウジアラビアなどのタンカーが何者かの攻撃を受けたことに対して、米空母打撃群と爆撃部隊を中東に派遣した。米国はイランの関与を疑っている。

5月20日、トランプ氏は記者団に「イランが何か行動を起こせばそれは大きな間違いだ。何か行動を起こせば大きな報いを受けることになる。ただ、その兆候は示していない」と語った。

この発言にはそれなりの抑制のシグナルがあるとはいえ、イランからみれば、一連の米国の行動は挑発以外の何物でもない。そもそもトランプ氏は、オバマ政権時代に合意された、米国、欧州諸国、中国、ロシアが参加するイランとの包括的共同作業計画(JCPOA)を一方的に離脱しイランへの経済制裁を強化した。イランに明白な違反がないにもかかわらずだ。