私たちは今、大国間で覇権争いが過熱するのを目の当たりにしている。ロシアは堂々と国際法を破り、周辺国を圧迫している。中国はあらゆる分野で戦略的な競争を仕掛け、独自の国際秩序をつくり出そうとしている。そして、米国は身勝手な圧力路線によって自国の利益を守る道を選んだ。

このように危険な地政学リスクが目を覚ます中、欧州連合(EU)は手をこまぬいていてはならない。自らの利益と価値体系を守るべく立ち上がらなければ、EUとその加盟国は新たな国際秩序(あるいは無秩序)の餌食にされてしまうだろう。欧州は今こそ団結して事に当たらなければならない。

確かにEUはトゥスク大統領とユンケル欧州委員長の下、かなりの策を講じてきてはいる。貿易戦争に対応できるよう通商政策は強化され、安全保障リスクのある企業買収への対策も進んだ。サイバー攻撃にも手を打っている。