神田外語大学 特任教授 柴田真一
しばた・しんいち●みずほフィナンシャルグループ、目白大学教授を経て、現職。NHKラジオ「入門ビジネス英語」講師。(撮影:今井康一)

「eメールを制する者は英語を制する」。英文メールに関する講演や企業研修で、私が冒頭に必ず言う一言だ。メールをしっかり書ければ、あとは英文を声に出す練習をすることで英語が話せるようになる。逆に、書けないことは話せない。

書けるようになるには、まずは英文メールをたくさん読むことだ。読みながら「これは使える!」というフレーズを蓄積し、書くときに実際に使ってみる。さらに英文メールに関する書籍などを参考にし、使える表現を増やしていけばよい。

また、メールを音読してみることも勧める。周りに人がいる職場なら、小さな声でも構わない。自分が声に出して理解できる内容なら、聞いてもわかるはずだ。音読して理解できる範囲を広げれば、リスニング力もついてくる。