小学校の英語教育は2020年度に大きく変わる。現在5〜6年生が対象の「外国語活動」が3〜4年生で実施され、5〜6年生は「外国語」を正式な教科として学ぶ。英語に親しむだけではなく、評価の対象になるのだ。

そうなると入試に導入する私立中学が増える可能性もある。同じ来年度には大学入試に英語の4技能が求められ、英検、GTECなどの試験が活用される。

そんな背景から小学生の英語教育熱が高まっており、英会話教室も活況を呈している。ただ、そうした教室に通わせたくても、共働きで送り迎えが難しい、中学受験の塾通いで子どもが忙しいといったケースがある。そこで期待を集めているのが、タブレットやパソコンを使った家庭学習の市場だ。

ベネッセ 進研ゼミ

学年横断型のデジタルレッスン+有料のオンラインレッスンで4技能を学ぶ

4技能を関連づける自宅でのデジタル教材

今年4月、ベネッセコーポレーションは小中高生向けの通信講座「進研ゼミ」に英語教材「12段階習熟度別トレーニング」を導入した。「進研ゼミ」の受講料を数百円程度値上げしたタイミングで、会員全員に一律に提供している。