VODは作品数が多すぎて、何を見ればいいかわからないという戸惑いの声も少なくない

日本人が口をそろえて苦手と語るのが、英語による雑談。英語ではsmall talkと呼ばれるが、この苦手のメカニズムは驚くほど単純だ。英語の日常会話で頻繁に使われる語彙やフレーズを、日本の英語教育ではさほど学んでこなかったことに加え、そうした英語を聞く機会が日常生活ではほとんどないことが問題なのだ。

つまり雑談で使う『駒』が圧倒的に不足している状態なわけだが、これを補うことができるのが、海外のドラマとコメディー番組だ。いずれも生きた英語表現がどんな場面で使われるのかがわかる。そこで見聞きした英語は、自身が同じ状況に置かれたときに自信を持って使うことができる。正しい発音の手本があり、リスニングとスピーキングの強化にもなる。

英語教材プロデューサーの有子山(うじやま)博美氏は著書『留学しないでネイティブ英語を身につける方法』や学習情報サイト「Romy's English Cafe」などで、ドラマ・コメディー視聴の学習法をレクチャーしている。自身もドラマ&コメディー視聴を学習の柱として、使える英語力を手に入れた。

「ドラマはネイティブの日常会話の宝庫。例えばカジュアルな話し言葉には、句動詞(動詞+前置詞または副詞)のような簡単な語句のつながりが多いというようなことがよくわかる」(有子山氏)