神田外語大学 国際コミュニケーション学科 准教授 神崎正哉
かんざき・まさや●東京水産大学(現東京海洋大学)卒業。米テンプル大学修士課程修了(英語教授法)。TOEIC本を多数執筆。 (撮影:風間仁一郎)

大学生やビジネスパーソン、英語やり直し層など、TOEICの対策講座を通じて多くの受験生を見てきた。中でも500点以下という人は、中学校で習う英語の基礎がそもそもできていないといえる。

TOEICで出題される200問のうち、半分の100問を実力で解けたとしよう。残り100問は、4つの選択肢をランダムに選んで4分の1を正解したとしよう。すると、スコアは600点ほどに到達する。つまり500点以下という人は、自身の英語力で半分の問題が解けていないということになる。

問題の半分もわからない試験を受けるのは苦痛だ。とくにTOEICは2時間ぶっ続けの試験なので、集中力が求められる。また200問という大量の問題をスピーディーに処理する必要があるため、そう簡単な試験ではない。

英語の基礎となる文法、単語でいうと、TOEICで出題される文法は決してレベルの高いものではない。中学で習う内容を身に付けていれば、出題される文法の9割は理解できるはずだ。また単語にしても中学で習う1000語と、TOEICで頻出するビジネス用の単語など1000語を合わせた計2000語を覚えれば、必ず500点台を狙える。

したがって、500点以下という人はまず、中学の文法と単語のやり直しから始めるのがよい。『中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本』(記事下にお薦め教材を掲載)などを活用しよう。