横浜市の日吉は、同市北東部、川崎市との市境にある。日吉駅を中心として、駅東口には慶応大学日吉キャンパス、慶応義塾高校、日本大学高校・中学校があり、西口には私立中の慶応普通部がある。日吉駅にアクセスできる日吉、日吉本町、箕輪町、下田町を含んだエリアが、一般的に「日吉」と呼ばれる。人口はおおむね7万人強を数える。

日吉駅は東急東横線・目黒線と横浜市営地下鉄グリーンラインの3路線が集まるターミナル駅だ。毎朝、都心部へ向かう通勤客と学校に向かう学生とが交錯する。

駅西口には小さなロータリーがあり、そこから3本の通りが放射状に広がる。北側から順に「浜銀通り」「日吉中央通り」「普通部通り」と称される、この3本の通りが日吉のシンボルである。通り沿いには商店街が形成されている。駅から緩い坂を上ると、商店に住宅が交じり、やがては閑静なマンションや戸建ての住宅街になる。