千代田化工建設が米ルイジアナ州で建設するLNG液化設備。現場作業員の賃金高騰などで、巨額の損失を被った。工事は来年まで続く(©Cameron LNG)

米国有数のシェールガス産地、南部のルイジアナ州で進められている液化天然ガス(LNG)の大型プロジェクトが、日本でにわかに注目を集めている。大手プラントエンジニアリング会社、千代田化工建設がその現地設備工事で巨額損失を出し、経営危機に直面しているからだ。

同社が5月に発表した2019年3月期の連結決算は、2149億円もの最終赤字を計上。蓄えはすべて吹き飛び、3月末時点で592億円の債務超過(自己資本がマイナスの状態)に陥った。この財務状態では会社存続が困難なため、筆頭株主の三菱商事の支援を受けて経営再建を目指す。

旧三菱石油の工事部門から発祥した千代化は、日揮に次ぐ石油・天然ガス関連プラントの日系大手だ。海外の資源国を舞台に仕事を手がけ、とくに技術難易度が高いLNGプラント(天然ガスをマイナス160度に冷却して液化する設備)では、日揮や米国のKBR、ベクテルなどと並んで世界有数の実績を誇る。それだけの技術を持ったプラントエンジ会社がなぜ、経営危機に陥ったのか──。

巨額損失を生んだ震源地は、ルイジアナ州のメキシコ湾岸で建設工事が進む「キャメロン」LNGプロジェクト。米センプラ・エナジーが中核企業として計画、運営するプロジェクトで、三井物産や三菱商事なども事業に出資している。

14年にその液化設備のEPC契約(設計から資材調達、建設までの一括請負)を受注したのが、千代化と現地企業のジョイントベンチャーだ。請け負った液化設備は全3系列、受注金額は推計で6000億円規模に及んだ。

千代化にとって、キャメロンの受注は金額の大きさ以外にも重要な意味があった。これまで同社が仕事を手がけてきた地域は中東や東南アジア、豪州などで、米国はプラントの新設自体が乏しかった。が、米国内でシェールガスの産出量が激増し、それをLNGの形でアジアなどに輸出する計画が全米各地で浮上。液化設備を得意とする千代化には絶好の商機で、キャメロンの設備受注はその足がかりになるはずだった。