日本を訪れる外国人が急増している。東日本大震災直後の2012年には、訪日観光客数は800万人強だった。しかし、5年後の17年には3.5倍の2800万人となり、翌18年には3100万人と、3000万人の大台を突破した。

少子高齢化で個人消費が低迷する日本では、外国人による活発な消費は恵みの雨だ。「インバウンド消費」という言葉が人口に膾炙(かいしゃ)するほど、外国人による消費が日本各地の経済を潤している。

ただし聞こえてくるのは、喜ばしい話だけではない。メディアには「観光公害」というツーリズム関連の新語がしばしば登場する。観光客の大幅な流入で、観光地の住環境が脅かされているという。道路の渋滞、ゴミの増加、住宅地価格の高騰などだ。