みやお・ぶんや●1960年、北海道生まれ。早稲田大学卒業。83年に中道リース入社後、90年にレオパレス21に入社し、グアムのリゾート事業や経営計画などを担当。2016年から現職。5月30日に社長に就任予定。(撮影:梅谷秀司)
施工不良問題で巨額の損失を計上したレオパレス21。創業家出身の深山英世(みやまえいせい)氏は社長を引責辞任し、株主総会で取締役も退任する意向だ。5月30日に社長に昇格する宮尾文也氏は問題にどう向き合うのか。

──施工不良問題の現状は?

まず、一連の施工不良問題で入居者やアパートオーナー、行政など関係各位にご迷惑をかけて申し訳ない。今期中の収束を約束する。

当社施工物件の約3.9万棟のうち、(設計時点で問題があった)優先調査対象物件の約1.5万棟は4月末時点で90%以上の調査を終えた。残りの2.4万棟については32%の調査を終えている。

──国土交通省によれば、建築基準法違反のものは3月末時点で2949棟。軽微なものも含めれば不備のある物件は現時点で1.5万棟を超えています。