(Ryozo / PIXTA)

動脈硬化や脳梗塞、狭心症・心筋梗塞の原因になるコレステロール。健康診断で「コレステロール値が高い」と言われたことのある人は多いだろう。

コレステロール値は下げたほうがいいのか否か。これまでも医師の間で論争があった。現在は、単にその数値だけではなく、ほかのリスク因子にも着目すべきだという考えが強くなっている。

こうした点で、今2つの研究が注目を集めている。

1つは日本で実施された臨床試験「EWTOPIA(ユートピア)75」。昨年11月の米国心臓協会学術集会で発表されたもので、「過去に心筋梗塞や狭心症を患ったことのない75歳以上の人でも、LDLコレステロール値が高ければ薬物治療をしたほうがいい」ことが示された。

もう1つは、9月に医学雑誌『ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル』に掲載されたスペインの研究。代表的なコレステロール降下薬であるスタチンを服用する75歳以上と、それ以外の75歳以上を比較したところ、「糖尿病を合併していない75歳以上では、スタチンに心筋梗塞の予防効果はない」という結果になった。