元スクウェア・エニックス・ホールディングス 社長 和田洋一
わだ・よういち●1984年野村証券入社。2003〜13年スクウェア・エニックス社長。現在メタップスなどの取締役を務める。(撮影:梅谷秀司)

グーグルの「Stadia(スタディア)」発表の5年前から、クラウドゲームのプラットフォーム作りを構想していたのが、スクウェア・エニックス子会社のシンラ・テクノロジーだ。だが親会社との方向性の違いなどから、サービス開始前に解散。当時シンラの社長だった和田洋一氏は、別の形で、もう一度クラウドゲームの立ち上げに挑もうとしている。

──なぜ、クラウドゲームの啓発に力を入れているのですか。

クラウドゲームが成立するためには、大容量データをリアルタイムで相互にやり取りできる5Gが決定的に重要だ。過去に誰も商業的に成功していないのは、5Gのパーツが埋まらなかったから。ようやく環境が整った今、ゼロからのクラウドゲーム向けソフト開発が始まっていく。大手・中小で優位性に差のない、「ガラガラポン」の戦いになるだろう。

そこで私は、所属や利害関係に関係なく、やりたい人が参加できるコンソーシアムをつくりたい。

クラウドゲームに本気な企業はまだない