狼の義 新 犬養木堂伝
狼の義 新 犬養木堂伝(林 新、堀川惠子 著/角川書店/1900円+税/477ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
はやし・あらた●1957年生まれ。慶応大学卒業。NHKの番組制作者として近現代史を扱う。退職後、わかりやすさを優先し本書を小説形式で執筆、ほぼ半分を書き2017年死去。
ほりかわ・けいこ●1969年生まれ。ノンフィクション作家。著書に『死刑の基準』『裁かれた命』『原爆供養塔』など。配偶者である林との約束で本書の執筆を引き継ぐ。

多彩な同時代人配し描く、立憲の理想を追った宰相

評者 ノンフィクション作家 保阪正康

本書は犬養毅(1855〜1932年)の青年期から、軍縮に反対する軍人によるテロ(5.15事件)に倒れるまでの歩みを軸に、政治家、言論人の古島一雄を伴走者にして近代日本の政治の表裏を描いた人間ドラマである。

読み進むうちに、 小説的手法による心理描写や会話をとおして、登場人物たちが生き生きと浮かび上がってくる点が興味深い。もっとも、ノンフィクション作品ではないので、人物描写は「著者の目で見ると」となっている。

郵便報知新聞の従軍記者として、西南戦争を取材した21歳の青年学徒に西郷隆盛のイメージは強烈に残る。犬養の人生は、こうした歴史上の事件、事象に出合うことで膨らみを持っていく。

文中ではさりげなく同時代人の断面が語られる。西南戦争取材の折に、昭和の軍閥の代表ともいうべき東條英機の父英教が顔を出すといった具合だ。また、大隈重信や陸羯南(くがかつなん)、三浦梧楼など多数の要人が歴史の証言者として顔を出し、読者を飽きさせない。

犬養と終生の友人であり、同志にもなる古島も犬養同様、硬骨の人物として描かれ、政治家犬養を理解する助けになっている。犬養は井上毅(こわし)の目指した立憲体制の枠組みをより強固に確立しようとの理想を持っているが、その理想と国粋主義の流れの間で悩む姿が印象に残る。明治から大正の議会政治が揺れ動く中で、犬養の世代では義理と人情が日本社会の風土でもあり、犬養自身もその枠の中で煩悶したことがうかがえる。その筆調が著者のもどかしさを示しているのかもしれない。

圧巻は、一度は政界を引退する声明を出した犬養が、昭和に入って政友会総裁から首相に選ばれ(31年12月)、満州事変の解決に乗り出してからにある。とくに著者はテロに遭うまでの3カ月ほどの間に関心を持ち、その点を詳細に書く。

首相に就任するや犬養は、満州事変解決のために同志の萱野長知を中国に送り、和平を模索する。しかし、そうした動きが逐一軍部に漏れていて、萱野の交渉は水泡に帰す。この時、妨害したのが犬養内閣の書記官長である森恪(つとむ)であることを知った犬養周辺の人たちの不満は沸騰点に達した。テロの折に、海軍の決行者たちは官邸の詳細な見取り図を持っていたという。

著者の筆は、犬養周辺の人たちの歴史的恨みを晴らすかのように森を弾劾気味に書いている。本書を読むと、その心理がよく理解できる。