iPhoneのApp Storeにおいて、2018年まで2年連続で有料アプリランキングナンバーワンを記録したアプリをご存じだろうか。そのアプリとはアドブロッカー。ウェブブラウザー「サファリ」でウェブサイトを閲覧しているときに、広告を非表示にするアプリだ。

デジタル広告の誕生により、ターゲティング技術が急速に発展した。「行動ターゲティング」といわれる手法によって、企業などは視聴者のサイト閲覧行動をベースに広告を配信できる。

テニスラケットを広告する場合、従来の手法ではテニス関連のサイトやコンテンツを見つけ出す必要があった。しかし、行動ターゲティングを使えば、過去にテニス関連のサイトを閲覧した人や、関連キーワードを検索した人に広告を表示できる。その人がたまたまプロ野球の結果を見ている瞬間でも、テニスラケットの広告を見せられる。広告主も非常に喜んだ。