(撮影:梅谷秀司)

社長就任から10年間の約3650日の間で、『忘れられない日』、すなわち社長としての彼の原点を形成した1日こそが、2010年2月24日である──。

「公聴会は、俺を辞めさせるためのゲームだ」

大規模リコール問題について米下院公聴会で証言するため、豊田章男は同20日、社有のビジネスジェット機で渡米した。品質をめぐる米国からの批判の嵐を一身に受け止め、猛烈な孤独にさいなまれる中での悲壮な覚悟の旅立ちだった。

【大規模リコール問題】2009年から10年にかけて世界的に行われたトヨタ車の大量リコール。ブレーキシステムやアクセルペダルの不具合などで累計約1000万台がリコールや自主改修の対象となった。

米運輸省道路交通安全局は、トヨタ車の急加速による死者は00年以降34人と発表しており、彼は逮捕されるかもしれないという情報まで、米国から届いていた。

「日本に無事に帰れないかもしれない。クビを差し出さなければいけないだろう……。そう、もはや社長にとどまることはないだろう」

と、彼は腹を決めた。

来るところまで来たのだから、もはや取り繕いは無用だ。悪あがきせず、自分の言葉で、誠心誠意を尽くして答える。それがダメならば、責任を取って辞任する。

とはいえ、突然、異国の地で、孤立無援で負け戦に臨まねばならない立場となり、心が折れそうだった。

「これは、俺を辞めさせるためのゲームだ」「社長になって、1年もたなかったな」……そんな感慨がよぎった。「やっぱり3代目はダメだ」「ボンボン社長が、いい気味だ」と、陰口をたたかれるのが目に見えるようだった。

最初から、「招致されれば出席する」と言っておけば、ここまで追い込まれることはなかった。リコール問題への批判が広がったのは、ひとえにトヨタの対応が後手に回ったからだ。トップの説明がなかったことが米国の不信を招いたのは否めない。身から出たさびだった。