天安門広場に集まる五・四運動の支持者。学生と教員中心の運動が、後に穏健派と過激派に分裂する(Bridgeman Images/アフロ)

今年5月、「五・四運動」が100周年を迎えた。1919年5月4日に中国の学生と知識人が北京で大規模集会を開き、封建主義の撤廃と政治的な自由を求めた運動だ。天安門広場で行われた89年4〜6月の民主化デモにも影響を与えた。天安門のデモについて何かを口にすることは中国では今もタブーになっている。

だが、五・四運動は重要な愛国運動と位置づけられているため、中国共産党といえども100周年式典を行わないわけにはいかなかった。習近平国家主席は演説で「新時代の中国青年」に「五・四運動の精神」を受け継ぐよう求めた。が、その一方では、危険思想を振りまいたとして北京大学の一部学生が当局に拘束されていた。

五・四運動の精神とは何だろうか。運動の発端になったとされるのは、第1次世界大戦後のパリ講和会議だ。日本がドイツから奪った山東省の利権が中国に返還されなかったため、愛国者たちが中国政府の弱腰に不満を募らせた。