まつした・つよし●1970年生まれ。長崎県立五島南高校卒業後、日本電装(現デンソー)に入社。ヤマヒサを経て94年、23歳で起業。96年にエムティージーブレイズ(現MTG)を設立、代表取締役社長に就任。(撮影:尾形文繁〉
美容ローラー「リファ」やトレーニング機器「シックスパッド」で知られるMTG。5月10日発表の2019年9月期中間決算(18年10月〜19年3月)は営業利益が7.1億円と、前年同期比86%減だった。前期まで右肩上がりの成長だった同社が直面する課題とは。松下剛社長に聞いた。

──3月後半、通期予想を大幅に下方修正。どう受け止めますか。

この10年間、平均で年4割の成長をしてきた。昨年7月に上場し、上場1年生という立場で今回はいちばん外してはいけない決算だった。株主の皆様には業績で返していくしかない。3年後までにはV字回復を果たしたい。

──失速の要因は何でしょうか。