アンリツ社長兼グループCEO 濱田宏一
はまだ・ひろかず●神奈川県出身。1988年東京電機大学卒業、アンリツ入社。2015年に執行役員就任。常務、専務、取締役を経て18年から現職。(撮影:尾形文繁)

──測定(通信テスト)機器事業が牽引し、業績は順調に伸びています。

伸びている部分の大半が5G関連の需要だ。その伸びに連動して営業利益率も上がっている。2018年度の営業利益率は当初7%を計画していたが、結果的に14%にまで上がった。

われわれの測定器は最先端を行っており、他社は技術的に追いついていない。重要なのは顧客が「欲しい」というタイミングで製品を提供できるかどうか。これができれば、顧客は高価格でも買ってくれる。それが営業利益率に反映されている。

──競争力の源泉はどこにあるのでしょうか。