Photo by Gilles Lambert on Unsplash

高速で低遅延、多数同時接続が可能になる5Gは生活の利便性を高める一方、気をつけるべき点もある。3つのリスクについて解説する。

1. セキュリティー

5Gの登場はIoT化を促進する一方、サイバー攻撃を受けるリスクも高める。運転中の車がハッキングされたり、オフィスビルの監視システムが乗っ取られたりすれば、これまでとは比較にならない被害が生じる可能性もある。

すでにIoT機器を狙う大規模な攻撃は発生している。2016年9月に起きたのが、「Mirai(ミライ)」と呼ばれるマルウェアを介した史上最大級のDDoS(分散型サービス妨害)攻撃だ。攻撃者はさまざまな端末にミライを感染させ、それらをつないだネットワークをつくり、ある標的に一斉攻撃を仕掛けた。同10月には、米大手インターネットプロバイダーに対し、ミライがDDoS攻撃を行い、プロバイダーを利用するネットフリックスやツイッターといったサービスが長時間ダウンするという事態も発生した。

国内セキュリティーソフト大手・トレンドマイクロのグローバルIoTマーケティング室の森本純氏は、「パスワードが初期のままになっていたりすると狙われやすい。端末でデータ処理するエッジ、データが行き来するネットワーク、データが蓄積・処理されるクラウドといった多層での防御体制をつくることが必要」と指摘する。