写真左:サムスン/Galaxy Fold(価格/約22万円)、写真右:ファーウェイ/HUAWEI Mate X (価格/約29万円)

先頭集団の中国・韓国が折り畳みスマホで火花

スマートフォンの2018年における世界出荷台数は、2年連続前年割れの4.1%減(米調査会社IDC調べ)──。市場が成熟した今、メーカー各社が再成長の起爆剤として期待を寄せるのが、5G対応スマホだ。4Gが商用化された当初、対応端末がわずか4機種だったのに対し、5Gスマホは今年末までには30機種以上発売されるとみられる。

先頭を走るのが、スマホ出荷量で世界首位の韓国サムスン電子と、今年1~3月に米アップルを抜いて2位に躍り出た中国ファーウェイの2社だ。通常のスマホの2倍の画面で高精細な映像を楽しめるとして5G時代のスマホを象徴する「折り畳みスマホ」をはじめ、開発合戦に火花を散らす。

先陣を切るサムスン、アップルの巻き返しも