(撮影:梅谷秀司)

5G時代を迎える中、中国のファーウェイ・テクノロジーズの存在感が高まっている。なぜファーウェイが今、強みを発揮できているのだろうか。

ファーウェイが携帯電話基地局向けの通信機器ベンダーとして創業したのは、1987年。当初は中国の携帯電話会社などに機器を提供していたが、90年代後半ごろから海外進出を積極化。2000年代には欧州や南米、アフリカなどに進出を果たし、現在の世界シェアはスウェーデンのエリクソンなどを上回る。

圧倒的な開発費投じ特許出願数もトップ

年間の売上高は11兆円を超え、売り上げはスマートフォンなどの一般消費者向け端末事業と、基地局などの通信事業者向けネットワーク事業に二分される。米中貿易摩擦の影響で、直近の通信事業者向け売り上げは落ち込んでいるが、利益面においては依然として通信事業者向けが中核だ。