楽天が次世代ネットワークの試験施設で連携するTech Mahindraのマニーシュ・ヴァイヤス氏(右)(撮影:今井康一)

第4の通信キャリアとして楽天は今年10月から自前の通信を使った携帯通信事業を始める。切り札に位置づけるのが、最新技術を使うネットワークの完全仮想化だ。

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのキャリア3社は、データセンターや基地局のネットワークを、通信機器メーカーから調達する専用ハードで制御している。ただこれは特注品になるため、コストがかさむ要因になっている。一方で楽天の完全仮想化は、通信ネットワークを制御する機能は独自開発したソフトウェアが担う。ソフトウェアの入れ物となるハードは汎用サーバーで賄うため、コストが安くなる。

キャリア3社の設備投資額は通常1年間で4000億〜6000億円だが、楽天は2025年までの6年間で6000億円以下に抑える方針。4Gの基地局数はキャリア3社が各11万〜20万なのに対し、楽天が25年度時点で計画するのは2万5000弱と規模の差が大きいとはいえ、楽天の投資額は圧倒的に少ない。