一方、平成の間に京大合格者を最も多く出したのは洛南で、3131人に上る。東大トップ開成の5000人超に比べると少ないが、京大は東大に比べて入学定員が少ないため、合格者数にも影響していると思われる。

2位は洛星の2390人、3位は東大寺学園の2342人、4位は甲陽学院の2135人と続く。

歴代のトップ校の変遷を見ると、89、90年の1位は洛星だったが、91年から洛南がトップに立つ。98年に洛南と洛星が100人で同数1位となったのを除き洛南の独走が続いていた。

そこに待ったをかけたのが西大和学園。10年に洛南と同数の83人の合格者を出した後、15年には81人が合格、初めて単独トップに立った。洛南は24年間連続トップに終止符が打たれたが、翌16年と17年にトップを奪還している。しかし、18年には再びその座を奪われる。大阪府立の北野が34年ぶりにトップに立ったのだ。