同盟を結んだファシズム創始者ムッソリーニ(右)とヒトラー(Photoshot/アフロ)

日本ではほとんど注目されなかったが、3月14日、イタリア出身のタヤーニ欧州連合(EU)欧州議会議長が同国のかつての独裁者ムッソリーニを評価するような発言をして批判を受け、「全体主義を正当化する意図はなかった」と謝罪する声明を出した。

タヤーニ氏は前日、イタリアのラジオ番組で、ムッソリーニについて「わが国のインフラ整備など、よいこともやった」と述べたのだ。

そのムッソリーニは100年前のちょうど今頃、弱冠35歳。ミラノで主に自らと同じ境遇の復員軍人に呼びかけて立ち上げた政治集団「戦闘ファッショ(同盟)」が、勢力拡大を目指して精力的に活動を繰り広げていた。

イタリア社会党の有力な活動家であったムッソリーニが第1次世界大戦への参戦の是非をめぐって党内で対立し、離党、除名を経て戦闘ファッショを結成したのが1919年3月23日。その後、20年以上にわたってヨーロッパ、そして世界を戦火に巻き込むことになるファシズムの誕生日である。

この2カ月前、ドイツ・ミュンヘンの書店で学生団体を前に初老のマックス・ウェーバーが講演を行った。政治がいかに情熱と判断力を必要とする、結果を出すことの困難な仕事であるかを説くことで、目の前に広がりつつある共産主義、さらには胎動期にあったファシズムに見られる、革命による安易な「千年王国」願望に警鐘を鳴らしている。