霞ヶ関キャピタルが再生した宮城県のSC「フォルテ」。映画館などの誘致に成功した(写真:霞ヶ関キャピタル)

【上場日(市場)】2018年11月28日(東証マザーズ)
 【設立】2011年9月6日
 【本社所在地】東京都千代田区霞が関
 【代表者(年齢)】河本幸士郎社長(45)
 【事業内容】東日本大震災で被災したショッピングセンターの再生を目的に創業。太陽光発電など自然エネルギー事業や不動産コンサル業も展開
 【売上高】40億4100万円
 【営業利益】3億7000万円(18年8月期)
 【公開価格】3240円  
 【直近株価】5240円(5月7日)

CSRにESG、SDGs。企業活動には利益追求だけでなく社会貢献も求められる時代。2018年11月に東証マザーズに上場した霞ヶ関キャピタルは、その両方を満たす例かもしれない。