おのだ・さとし●慶応大学大学院修了。1980年中部電力入社。電気事業連合会専務理事、中部電力副社長・発電カンパニー社長などを経て、2019年4月から現職。(撮影:今井康一)

4月に東京電力グループと中部電力の火力発電部門を統合したJERA(ジェラ)は、世界最大規模の燃料・火力発電事業会社。再生可能エネルギー拡大にも取り組む。

──気候変動問題が深刻化する中で、石炭や石油など化石燃料への風当たりが強まっています。

世界的に低炭素社会への移行が志向されていることは当然の流れであり、当社もしっかり取り組みたい。そのうえで申し上げたいのは、当社が日本の電力供給の半分を担う発電会社であり、責任が重くなっているということだ。政府のエネルギー基本計画でうたわれている、安定供給、経済効率性、環境への適合をしっかり達成していかなければならない。

──とりわけ二酸化炭素(CO2)の排出量が多い石炭火力発電に厳しい目が向けられています。