こばやかわ・ともあき●1963年生まれ。東京工業大学卒。88年東京電力入社。法人営業部長、東京電力エナジーパートナー社長などを経て、2017年6月から現職。(撮影:梅谷秀司)

東京電力ホールディングスは再生可能エネルギーを、燃料・火力発電事業と並ぶ事業の柱に位置づけた。今年1月にはデンマークの大手電力会社アーステッドと洋上風力発電事業で提携した。

──提携の狙いは。

アーステッドは洋上風力事業で世界トップの実績を持ち、開発、建設から運転、保守まですべてを自社で内製化している。一方、当社は国内で多くの発電所立地・建設の実績がある。両社の知見を持ち寄り、まずは千葉県銚子市沖で当社が実証試験を続けてきた事業を共同で実現し、その後、日本全国での展開や海外事業も進めていきたい。

──再エネ事業の目標は。