まつもと・かずや●音声表現コンサルタント・ナレーター。1991年、NHKにアナウンサーとして入局。2016年から株式会社マツモトメソッド代表取締役。

自分では一生懸命話しているつもりなのに、聞いている人にはなぜか平板に聞こえる。そんなお悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

大きな原因は、聞いている人に「余計な音」を聞かせてしまっていることです。「えーと」「あのー」「まぁ」などの無意識に出てしまうつなぎの言葉は、「余計な音」の代表です。

実はそれ以外にも、聞いている人に聞かせないほうがよい音があるのです。それは、文の切れ目や言葉の切れ目などで無駄に言葉尻を強調する音です。

小さな子どもの時分、こんなふうに話していませんでしたか。