『学問のすゝめ』で知られる福澤諭吉(1835〜1901)は、豊前(大分)中津藩の下級藩士の子として大坂・中津藩蔵屋敷に生まれた。

長崎に遊学後、大坂の緒方洪庵の適塾で学び、1858年、藩命により江戸の中津藩中屋敷に蘭学塾を開く。これが慶応義塾の起源である。68年、元号にちなみ、それまで名前のなかった塾を慶応義塾と命名し、近代的な学校の体裁を整えた。

福澤諭吉/慶応義塾の創設者。思想家、啓蒙家として『西洋事情』『文明論之概略』などを著した(写真:国立国会図書館)

72年に『学問のすゝめ』を出し、ベストセラーになる。この中に有名な言葉「一身独立して一国独立す」の言葉がある。国民一人ひとりが独立した人間であって初めて、国として独立できるという意味だ。人々が自分で考え行動できること、つまり「一身の独立」によって、「一国の独立」が可能になる、それは学問の有無にかかっている、と福澤は主張した。

福澤といえば、「独立自尊」の言葉も有名だ。1900年に出された『修身要領』に登場する。それまでも使用例があったが、門弟たちが編纂し福澤自身が手を入れて完成したこの教訓集で、実質的に初めて用いられた。『修身要領』は塾内だけでなく全国各地で講演会が開かれるなど普及キャンペーンが行われ、福澤の思想の普及に大きな効果を果たした。