(Fast&Slow / PIXTA)

数学は苦手だがトップの大学には行きたい──。私大文系の多くの学部は入試で国語、英語、社会(地歴公民)の3科目を課している。数学が苦手な高校生にとって、早稲田大学の政治経済学部はその最高峰だった。

だが早大政経学部は、現在の高校2年生が受ける2021年度一般入試から数学を必須科目にする。受験生からは、「文系殺し」の怨嗟(えんさ)の声が聞こえてくる。

現行の、政経学部の一般入試では、外国語、国語の2科目が必須で、世界史・日本史・数学の3科目から1科目を選択する。これが21年度入試から、一般入試では「大学入学共通テスト」(大学入試センター試験に代わって始まる共通テスト)が課され、さらにTOEFLなどの英語外部検定試験と、学部独自の試験科目として記述式解答を含む政治学や経済学に関する長文読解試験が行われる。