早稲田大学のシンボル「大隈講堂」にその名が残る、創設者の大隈重信(1838〜1922)は、肥前・佐賀藩に砲術家として仕える中級武士の長男に生まれた。語学力を買われ、68年に明治新政府へ出仕。殖産興業政策や貨幣改革などで重要な役割を果たした。

大隈重信/東京専門学校の創設者で早稲田大学の初代総長。首相、外相、内相など要職を歴任(写真:国立国会図書館)

そんな大隈が大学創設に動いたのは、81年に提出した「国会開設の意見書」が危険視され、政界から追放(明治14年の政変)となり、自宅で雌伏している頃だった。下野後は、雑誌などへの投稿も控え沈黙を貫いたが、水面下で着々と準備していた。その成果の1つが82年4月に結成された立憲改進党である。そして同10月、政党政治を担う人材の育成を目的に創設されたのが、早稲田の前身、東京専門学校だ。

ところが初代校長を務めたのは養子の英麿。大隈当人は役員でもなければ、開校式典にすら姿を見せなかった。同校が政府に「大隈による党員の養成所」とみられることを危惧したからだ。実際、学校にはスパイが送り込まれ、銀行の融資を止められるなど政府の妨害に遭った。大隈が早稲田で職に就くのは、大学に移行した後、名誉職としての総長が設けられた1907年のことだ。