いよいよ「平成」(achieving peace)に続く「令和」(fortunate harmony)の時代が幕を開けました。新たな元号に対する盛り上がりを垣間見て、外国人は改めて日本の伝統と皇室(Imperial Household)の存在を再認識したようです。選定プロセス(name-picking process)から発表後に至るまでの、国内のさまざまなメディアの過熱ぶりに驚く外国人もいました。

また、初めて日本の古典(classical literature)から採用したことに保守色を感じる海外の報道も、少なからずありました。

The new era name will take root in the lives of the Japanese people. 

新しい元号は日本人の生活に根付いていくでしょう。