年度末の商戦で、高額キャッシュバックを実施する販売店が相次いだ。写真は都内で3月に撮影

「2台ご契約で最大20万円キャッシュバック!」──。3月中旬、横浜駅近くのソフトバンクの携帯電話販売店を訪れると、そんな文言の書かれた赤いポスターが何枚も店内の天井からぶら下がっていた。年度末の商戦真っ盛りといった雰囲気だ。

カウンターに案内され、他社からの乗り換え(MNP)とスマートフォンの購入を考えていることを告げると、店員がこう切り出した。「通信契約とiPhone 8(64ギガバイトモデルで税込み8万6400円)のセットなら、JCBのギフトカードで8万円分をキャッシュバックできますよ」。MNPの客に限った特典だ。

簡単な説明を受けた後、「ちょっと考えます」と席を立とうとすると、店員は入り口に飾ってあったゲーム機などを指差しながら、こう畳みかけてきた。「もし、今すぐご契約いただけるなら、特別にニンテンドースイッチとダイソンのハンディー掃除機も差し上げます。(ギフトカードを含めて)実質14万円相当の還元ですから、これはかなりお得ですよ」。

筆者は3月に首都圏で多数の販売店を回ったが、MNPを対象とした過激なキャッシュバックはこの店舗に限らなかった。とくにキャリア3社の中で、ソフトバンクの販売店は大盤振る舞いが目立った。au(KDDI)でも、端末代金を上回る額のキャッシュバックを提案する店舗が複数あった。

都内のソフトバンク販売店も条件は破格で、1台12万円分のキャッシュバックが示された

これらのキャッシュバックはすべて、販売店の指定する通信プランへの加入が大前提だ。前出の横浜のソフトバンク販売店の場合、データ通信プランで最も容量の大きい「ウルトラギガモンスター+(プラス)」(50ギガバイト、1カ月税別5980円)の契約を指定された。さらに複数のオプションへの加入も求められた。