なかぞら・まな●1991年慶応義塾大学経済学部卒業、野村総合研究所に入社。97年野村アセットマネジメントでクレジットアナリストに。社債や国債を分析。モルガン・スタンレー証券、JPモルガン証券を経て、2008年10月からBNPパリバ証券クレジット調査部長。11年から現職。(撮影:尾形文繁)

英国国民は2016年6月の国民投票でブレグジット(EU〈欧州連合〉離脱)を選んだ。それから約2年半後の今年3月29日がブレグジットの期限だったが、EUとの離脱協定案が英国下院で可決できなかった。結論の先送りが続いたが、4月10日のEU臨時首脳会議では10月31日までの再延期が決まった。

しかし、通貨ポンドや英国のCDS(クレジット・デフォルト・スワップ、債務不履行をカバーする保険の保険料)がそれほど値動きしているわけではない。「いずれ何らかの合意はするであろう」という考え方に慣れてしまい、金融市場は本来気にすべきリスクを無視しているのではないか。「合意なきブレグジット」になればとりわけリスクが高まる金融セクターへの影響について考えたい。

主なリスクだけでも3つある。