「マンガBANG! 」では『ドラゴン桜2 』(講談社)、『囚人リク』(秋田書店)などの人気作品が読める(撮影:今井康一)

【上場日(市場)】2018年12月20日(東証マザーズ)
 【設立】2009年10月1日
 【本社所在地】東京都渋谷区南平台町
 【代表者(年齢)】佐久間亮輔社長(40)
 【事業内容】フリーミアム型の漫画アプリ「マンガBANG!」を運営し、広告収入や一部有料課金が収益源。漫画投稿サービスも展開している
 【売上高】13億7500万円
 【営業利益】7800万円(18年9月期)
 【公開価格】1920円  
 【直近株価】3805円(4月23日)

「通勤や就寝前の隙間時間に漫画を読みたい」。そんなライトユーザーを狙い、2014年11月にスタートしたのが、漫画アプリ「マンガBANG!」だ。

運営するのは18年12月に東証マザーズに上場したAmazia。毎日7時と19時にフリーメダルを配布、1日当たり8話分が無料で読める、フリーミアム型のビジネスモデルである。自社の作品が中心の出版社系と違い、複数の出版社の作品を扱うプラットフォーム型で、無料分以外の作品の課金収入と広告収入によって稼ぐ。