早稲田大学大学院(ビジネススクール)教授 入山章栄
いりやま・あきえ●慶応大学経済学部卒、同大学院経済学研究科修士課程修了。2008年に米ピッツバーグ大学経営大学院で博士号(経営学)取得。(撮影:尾形文繁)

慶応大学出身で、早稲田大学で教授を務めている。その立場と経営学者としての知見からすると、早慶ともに興味深い個性がある。

慶応義塾は、三田会という優れた仕組みで日本を支えてきた。経営学には人脈に関する「弱い結びつきの強さ理論」という有名な考え方がある。同理論では「人脈は緩く弱いほうがいい」とされ、緩い人脈こそが普段手に入らない情報を幅広くもたらすことがわかっている。今の日本に求められている事業革新(イノベーション)は「既存の知と知との新しい組み合わせ」から生まれる。したがって、緩いつながりで幅広い知を組み合わせることが不可欠だ。

その意味で三田会は、「緩いつながり」のネットワークをつくる環境そのものだ。三田会を通じての緩いつながりが日本のビジネスに変化をもたらす一助になってきただろうし、今後も期待したい。

早稲田も稲門会という組織があるが、慶応ほど卒業生の結びつきが強くない。最近は「WASEDA稲門経済人の集い」などで早稲田人脈をつくり始めているが、さらに進めるべきだ。