画像はイメージです(mon printemps/imagenavi)

婚活市場では早稲田と慶応のどちらが強いのか。まずは一般論から。

婚活サイト「エキサイト婚活」の協力を得て、大卒以上の未婚男女にアンケート調査を行い、193人から回答を得た。「結婚相手の出身大学として、早稲田大学と慶応大学では、どちらが好感度が高いですか?」という質問に対して、「どちらも変わらない」という回答が8割弱。学歴は結婚と関係ない、ということだろうか。早稲田を選んだ人は26人、慶応は19人。早稲田がやや勝っているが大差とはいえない。男女でも回答に大きな違いはなかった。

しかし、結婚はきれいごとではない。相手と向き合い、親にも紹介し、家庭を築くのだ。自分と相手の教育歴が気にならないはずはない。現場の声を聞いてみよう。

仲人型の結婚相談所の大手であるパートナーエージェントには、2018年だけで400人を超える早慶出身者が在籍した。マーケティンググループの平田恵氏によれば、ほかの大学出身者と異なる傾向がある。