(pookpiik / PIXTA)

大学は教育・研究機関であるが、それを支えるのは安定的な財務基盤だ。早慶の財務力を点検してみよう。

大学の財務諸表は企業会計とは記載方法がかなり違う。お金の出入りは、大きく「教育活動収支」「教育活動外収支」「特別収支」の3つに分かれている。企業会計に例えると、「営業利益」「営業外損益」「特別損益」の概念に近い。

大学財務の健全性を測る際、いちばん参照されるのが、教育活動収支と教育外活動収支を合計した「経常収支差額」だ。企業の「経常利益」に近い。

これが安定的に黒字ならば、財務上それほど心配はいらない。つまり、授業料や入学金、寄付金、補助金、資金の運用などの収入合計と、人件費や教育研究費などの支出合計で、健全な黒字になっていることになる。

この数字を見ると、早稲田は49億円、慶応は61億円。ともに悪くない水準だ。早稲田は財務的な目標を「経常収支差額は50億円以上」(宮島英昭・常任理事、商学部教授)としており、少しだけ未達だったがほぼ確保した。