市場とその秩序、政府の役割、信用、生産と消費、そして自由と社会制度といった私たちの暮らしの枠組みについて、その概念が形成された歴史経過を踏まえながら簡潔に、そして見事に描いた本は『経済思想』をおいて…