歴史上、まれに見る悪事を犯した者が、悪魔や怪物ではなく、ただ規則に従い、自分の頭で考えることなく仕事をこなしただけの人間だったとしたら──。『エルサレムのアイヒマン』は、われわれが「悪」について巡ら…